FC2ブログ
私は、姑。
次男夫婦と同居中!  “となりの芝生”を見てはダメ! 我が家が一番!
≪10月   2009年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
星の王子さま
いつもと同じ 昨日の夕飯後・・・

「星の王子さま」 といえば 三遊亭円楽さんを思い出す
円楽さんが何で? 「星の・・・・・」という会話から またまた始まった


 『「星の王子さま」って、可愛くないよね!』
 『・・・』
 『可愛い!可愛くない! そこは問題じゃない!』
 『じゃぁ、、何処が問題なんだぁ?』
 『・・・・・』
 『サン・テグジュペリが伝えたい事が問題なんだよ!』
 『何を伝えたいの?』

 『サン・テグジュペリはね、「物事を見た目で判断してはいけません。
  本質を見抜き、何を伝えているのかを理解しなさい!」って伝えたかったんじゃん!』

 『・・で、それが何で円楽さんなんだぁ?』
 『う?ん・・・、円楽さんは「赤ずきんちゃんに出てくる狼の本質を見抜きなさい」
  って、言いたかったんじゃないのぉ?』 
 『赤ずきんちゃんのオオカミは、最後は猟師に殺されるじゃん!』
 『そこじゃないんだっつうの!』
 『じゃぁ 何処!』

 (話がトンデモナイ所に飛んだので 納めなければならない)



「目と耳と口」 目は二つ、耳も二つ、口は何故一つなのか?
それは・・・
目と耳は、人をよく見て(観察)、人の話を漏らさず聞くため(傾聴)に左右に一つづつある。
けれど口を使う時は、見たり・聞いたりする時の半分(程々)にしなさい。
赤ずきんのオオカミは、赤ずきんちゃんの質問に答える最後に
「この大きな口は、オマエを食べるためにあるんだよ!」なんて、余計な事を言うから、
戒めのために猟師に腹を切られてしまった・・・云々。


 『分かった!?』


     何だ? この沈黙は・・


                 

 爆睡11-6二人 ゲーム 

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .